TOP

風俗数え歌では、様々な風俗体験談を御用意しております!是非、御活用ください!

女性達も、案外気楽に稼げる風俗業界のホテヘル、

女性達も、案外気楽に稼げる風俗業界のホテヘル、 世の女性達も気楽に風俗業で仕事をする、又はバイトをしてお金を稼ぐ、しかも、女性特有の風俗の仕事は高給が得られる。此のような女性の風俗の仕事としては打ってつけの「ホテヘル」というのがありあす。 一昔前までは、風俗の仕事というのは、人には秘密でよほど遠慮しながら、しかも、生活の貧しさと言った深刻な生活状況を理由に働いている人が殆んどでした。ところが現在では、その道の風俗で働く多くの女性達は生活の為と言うより、自分の目的を達成するためとか、計画的に必要分の一定金額のお金を貯めこむ為にとか、果ては海外旅行へ行くためとかいって、気楽の仕事をしている女性達も多いようです。その端的な例として見られるのは、女子大生とかOL達など若い女性が多く、案外、気楽に仕事をしていることです。更に、風俗で働く女性達が時代とともに年齢が低下していることも言えることだと思います。 ところで、風俗業種としては、現在ではその種類は多種多様に亘りますが、その内でも昨今、人気なのがホテヘル(デルバリーヘルス)という種類が多いようです。特に、ホテヘルは出張や派遣といった店舗以外の場所でヘルスサービスを受けることが極めて好評のようで、この業界や業種での仕事としては、働く女性達の負担も少なく、尚且つ、給与や待遇面も比較的良いようで、人気の理由はこの辺りに有るかもしれませんね。


昼間の罪悪感なんて・・・;

昼ドラのような話で会社の先輩は営業での外回り中にとある奥さんと浮気しているようです。はっきりとはいいませんが、でも僕も人のことは言えないのが現実で、といっても本当にたまにの話なんですが、ホテルでデリヘル嬢と楽しんでます。以外とこの昼間ってやつが魅力的な子がいたりするんですよね。利用するデリヘルはその時々ではあるのですが、大体お気に入りにしている子は決まっていて。色気のある落ち着いた子が好みです。よく利用するデリヘルの場合には、昼間は比較的主婦的な子が多くいるので丁度いい感じです。あまり若いキャキャした子は苦手なので落ち着いている感じのある主婦のような子は大歓迎です。この間もかなり明るい子だったんですが、それでもキャキャした感じはなくて落ち着いて楽しむことができる子に当たりました。ゆっくりとお互いの体を確かめるようにして触れ合うのはかなり楽です。楽なんだけどスッキリできました。明るい子だったので悪い子としている気分もなく楽しむことができて、たまたま趣味があったのでその話でも盛り上がることができてかなりいい時間を過ごすことができた気がします。


デリヘル店は不利

デリヘルは「デリバリーヘルス」という文字通りで、女性を派遣するヘルスな訳ですが、正直他の風俗店に比べると損であると考えられます。特に圧倒的な違いとしては、店舗型と無店舗型の違いであるといえるでしょう。ソープやイメクラなどの店舗になるとお店の住所(所在地)を構えての営業になります。つまり、一般の社会での認知度が非常に高いわけです。しかし、無店舗型ヘルスになると、知名度を高める手段は限られます。店舗型はお店の看板を構えているだけで、それは宣伝広告になります。しかし、無店舗型は何もしなければ絶対に知ってもらうことは出来ません。それらのアドバンテージを抜きにすると、どのジャンル形式の店舗であっても、ウェブでの集客が共通であり至上命題です。如何にお客さんを集めることが出来るのかが非常に重要な訳です。一般的に公序良俗に反するような内容の広告媒体は看板広告などは出せません。当然ながら新聞などにも掲載は出来ないのです。一部のゴシップ週刊誌等であれば特集を組まれて偶発的に自然に宣伝をしてもらう分には一切問題はありません。ですので、お店側から意図して世間一般に露出するような広告周りの集客行為が禁止されているわけです。もちろん、スマートフォンやパソコンなどでのウェブ検索等でもリスティング広告などは出すことが出来ません。こうなると頼らざるを得ないものが、広告媒体サイト(風俗系ポータル情報サイト)です。風俗の利用者であれば必ず見るであろう広告媒体サイトも年々増える傾向にあり、目覚しい注目を集めています。ウェブ検索などでは、広告媒体サイトと店舗オフィシャルサイトなどは差別化をされるものでもなく同列の扱いで表示をされるため、デリヘル店を探されている利用者の需要は圧倒的に広告媒体サイトであるといえるでしょう。ウェブ中でしか集客の出来ないアダルトジャンルであるからこその異色な状況ではあるものの、決定的な集客を確保するためには絶対になくてはならないものであると言えるのではないでしょうか。もちろん昔ながらのアダルト雑誌などの掲載においては今も健在ではあるものの、スマートフォンなどの普及によって雑誌の売り上げが落ち込むような昨今では、ほぼ効果が期待できない時代になってきています。